新神田地区民生委員児童委員協議会 会長 野村泰裕 氏によるボランティア活動の報告がありました。

発災から1ケ月、ようやくボランティアの受け入れが始まりました。
現地は復旧に向けた取り組みで大変です。水も出ない状況で避難所生活に多くの人々がおられます。
復旧の進みは地域ごとに区々です。支援物資は届いていますが、それぞれの地域で今必要な物資が日々変化しています。これから長く続く復旧復興は我々も協力いたしましょう。
幸いにも我々の地域は「避難地域」に指定されることはありませんでした。
今回の災害で、被災地の混乱は報道で知るところですが、我々の災害時の避難行動について考えてみましょう。

災害が発生し(新神田の災害想定は、大雨による河川の氾濫)、避難する場合は持参するものとして何が必要か考えてください。また近くに、一人暮し、身体が不自由な方が居られないか関心を持っていてください。